シーケンス制御講座

137335

シーケンス制御講座
楽しく情報交換しましょう。分からない事は質問して、分かる方は答えてあげてください。ただし営利目的な書き込みは予告無く削除いたします。

レイアウトが崩れる場合は掲示板がSSLに対応していません。お手数ですがURLの"https"を"http"に変更してください。またはコチラから。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

どなたかお願いします。 - けい

2018/10/23 (Tue) 18:00:54

オムロンのPLCを使っております。
設備1と設備2の間には6個のステーションが有り、そこを1から6までワークが通り、設備2へ入って行きます。
設備1が稼働中で設備2が停止中だと、ステーションにはワークが最大6個溜まりやがて設備1も停止します。
逆に設備1が停止中で設備2が稼働中であればステーション内のワークが減って行くという搬送となっております。
そこで、、、
6個のステーション内にワークがいくつ有るか解る回路を作りたいと思っております。
ランプを3色使用し、ワークが0~2個の時、ワークが3~4個の時、ワークが5~6個の時で違う色を光らせたいと思っております。

ステーション内には、在席の有り無しを見ているセンサーが有ります。
ワークは常に動いている為6個のステーション内に3個ワークが有ったとしても、1.3.5ステーションにいる時、1.2.3ステーションにいる時、4.5.6ステーションにいる時等、様々なパターンが考えられます。

もし何か思いついた方は是非教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Re: どなたかお願いします。 - take

2018/10/24 (Wed) 17:31:55

オムロンのPLCは使わないので的確な回答はできませんが、参考程度に...。
内容としては6個のワーク検出センサーがあり、何箇所検出(ON)しているか分かればいいのですね?たしかオムロンは16個のビットで1つのチャンネルでしたと思います。
まずはワーク検出の信号を1つのチャンネルに入れます。例えば「W12.0」~「W12.5」をそのままONするようにして「W12.6」~「W12.15」はあけておきます。
チャンネルW12がワーク検出センサー専用になったところで「BCNT」命令(ビットカウンタ)でビットがONしている数をカウントすればワークの数が分かると思います。
他にも1つのチャンネルの0ビット目に1つのワーク検出信号を入力して6個のチャンネルを合計してもいいですが、こちらはあまりスマートではないですね。
チャンネルなどの言葉を使いましたが、私自身オムロンのPLCを使うことがないので説明が正しいか不明ですが参考になればと思います。

無題 - GA

2018/10/06 (Sat) 16:59:00

指定した時刻だけ一つの接点がONする回路を教えてください。
D8015 D8014 D8013の順に、時、分、秒の順です。

例えば、朝7時30分0秒から朝9時30分0秒までON,
また、朝10時30分0秒から、朝11時30分0秒までON
そういう回路の場合の記述をしたいのですが、
可能でしょうか?
この帯域比較を使用してラダーを
組みたいのですが、記述の方法がいまいちわかりません。

回路 途中まで
http://fast-uploader.com/file/7094330554188/

マニュアル
http://fast-uploader.com/file/7094361764677/
http://fast-uploader.com/file/7094361779157/

Re: 無題 - take

2018/10/08 (Mon) 20:31:22

FXでこの命令は私も使用したことがないので使用してみます。ラダーを添付していますので参考にしてください。TRD命令で時計データを読出しますが、読出し先デバイスを「D0」と指定すれば自動的に「D0」~「D6」にデータレジスタに時計データが書き込まれます。命令は1回描けばいいです。
次にTZCP命令ですが、最初のD10が開始時間の指定です。これも先頭デバイスの指定なので「D10」~「D12」までが自動的に割付られます。そのためMOV命令で「D10」~「D12」へ開始時刻(時、分、秒)をそれぞれ転送してください。次の「D15」は終了時刻です。これも同じで自動的に割付られます。次は現在時刻です。ここも先頭デバイスを入れてください。TRD命令で「D0」に時刻データを読み込んでいますので、「D0」と入力しています。最後に出力先のビットデバイスを入れます。「M0」と入れれば自動的に「M0」~「M2」が割付られます。
この命令でいくと、「D10」でしてした時刻よりも現在時刻「D0」が小さい場合は「M0」がONします。現在時刻「D0」が「D10」よりも大きく「D15」よりも小さい場合「M1」がONします。こんな感じになります。

GX WORK3について - 源

2018/09/19 (Wed) 22:06:14


https://plckouza.com/ura/st53/st53main.html
実践講座2
 WORKS2とGT Designer3(GOT2000)のシミュレータ機能を使うことにより、本格的な講座になっています。 GX WORKS2とGT Designer3が必須となりますが、シミュレータ上でコンベアなどを動かすことにより、パソコン内で本格的な講座が完結してしまいます。 もちろん実践講座2で紹介している無償データーを活用してシーケンス習得を考えています。

しかし、ダウンロードするがデーターがうまく開きません!
ご教授お願いします。

※原因1、
 GX WORK2、GX WORK3(最新版)
 インストール済みですが、データーを開くがラーダー図が
 ない
 原因2
 GT Designer3 Version1(GOT2000)がインソールできない
 メーカサイトからダウンロードするがIDが見当たらないた めインソールできない。
Designer3 Version1(GOT1000)インソール済み
  
 アドバイスお願いします

Re: GX WORK3について - take

2018/09/20 (Thu) 09:46:03

まず必要なソフトはGX WORK2とGT Designer3(GOT2000)です。

原因1:ラダー図がない
→テンプレートとして使用していただくためラダー図はありません。ラダー図はサイト上で説明しているものをご自身で描き込んで動作確認していただく形になります。

原因2:インストールできない
Designer3(GOT2000)はDesigner3(GOT1000)のアップデートでインストールできるはずです。プロダクトIDはヘルプ→バージョン情報で確認できます。このIDを使用してみてください。

Re: GX WORK3について - 源

2018/09/21 (Fri) 10:48:01

上記の手順で使用できました。

ありがとうございます。

使わないプログラム - nao

2018/09/03 (Mon) 01:13:14

ラダープログラムを作成しています。
AのブロックとBのブロックのプログラムがあり普段はAブロックしか使わないのですがたまにBブロックを混ぜて使う場合があります。
Aブロックしか使わない場合はBブロックはいらないので消去しますがBブロックと混ぜて使う場合にはもう1回プログラムを追加しないといけないのでめんどくさいです。
そのためAブロックからプログラムの終わりのENDまでの間にBブロックを混ぜて認識しないようにする方法はないでしょうか?

Re: 使わないプログラム - えんくう URL

2018/09/06 (Thu) 14:00:28

条件ジャンプで飛ばせば良いのではないですか??

Re: 使わないプログラム - あ

2018/09/19 (Wed) 07:43:11

たまに使うプログラムを別にして、実行タイプを利用しない場合は「待機」、利用する場合は「スキャン」や「定周期」にしてみてはどうでしょうか。

度々の質問です - 彷徨う

2018/07/02 (Mon) 18:55:59

凝り固まった頭では、理解できないのか、一度引っかかったこ
とが、また、引っかかりました。

①処理の流れについて

 書籍では、P.172
 HPでは、
 http://plckouza.com/st4/st4_1_2

 処理の流れについては、
 他のHPではありますが、下記を見ていました。
 https://elec-tech.info/ladder-processing/

 ※同時に処理が行われないように制御されている事は理解
  しています。
  処理の流れの確認のために、本来はあり得ないはずのON
  動作を書いています。
 ※上から下へ一回流れた時の処理になります。

 a)
  M0とT0がON→INCP
  M1とX1がON→INCP
   ~
  M8とX6がON→INCP
  ※左の処理条件が満たす回数分、INCPが満たされた回数
   分行われる。

 b)
  M0とT0がON
  M1とX1がON
   ~
  M8とX6がON→INCP
  ※左の処理条件が一つでも満たせば、INCPが1度行わ
   れる。
 
 先の自己保持の話であれば
 
 c)
  1回目 X0がON→M1がON
      M1がON→M1がON
  ※1回の処理で、2回M1がONされる。
 
  2回目 X0がOFF※M1に行かない
      M1がON→M1がON
  ※1回の処理で、1回M1がONされる。
 
 d)
  1回目 X0がON※M1に行かない
      M1がOFF→M1がON
  ※M1がOFFでも、X0がONしているので、M1をONする。
  ※1回の処理で、1回M1がONされる。
 
  2回目 X0がOFF※M1に行かない
      M1がON→M1がON
  ※1回の処理で、1回M1がONされる。

 他言語のswitch文やif分の連続のようなイメージになって
 しまうのですが、違う気がします。
 頭が凝り固まって、今までのものが邪魔をしている感じ
 です。
 疑問を口頭で伝えるのも難しいですが、文字にするのも難
 しいです。
 
②ラダー図の線についての疑問

 c)
 ━┫┣┳━( )
 ━┫┣┻━( )

 d)
 ━┫┣┳┳━( )
 ━┫┣┛┗━( )

 C)のような図を見かけるときがあるのですが、d)のような
 書きかたではだめなのでしょうか。
 C)のような書き方にする意図はあるのでしょうか。
 両方とも、左の二か所は、右の二か所の処理をするイメー
 ジですが、違うのでしょうか。

度々の長文申し訳ございません。
超初心者ですので、なにとぞ、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。

Re: 度々の質問です - take

2018/07/02 (Mon) 23:06:54

ラダー図は少し特殊なので、他言語を使われているのであれば少しだけ切り離してください。他言語は1ずつ実行していき、常時動作させる場合はLOOP命令などで回していると思います。メインループなどと呼ばれていると思いますが、PLCはこのメインループを勝手に行ってくれます。つまり常にPLC内ではプログラムが回転している状態です。このことを前提にまず①ですが、
a)とb)ですがb)のような動きが正解です。左側の条件が成立知ればINCP命令が実行されます。a)のように実行したいのであれば、INCP命令をそれぞれの行に描けばできます。(条件をORにしない)
ただしこのプログラムは先頭にDECO(デコード)命令を使っているので、INCP命令でD0の値が加算されるたびにM0~M9が順番に切り替ってONします。自己保持を順番にONしていき動作を行う方法が一般的ですが、このようにデータレジスタの値を利用して内部リレーを順番にONしていく方法もあります。
そのためこの回路はM1がONのときX1がONするとINCP命令でD0が加算されます。すると今度はM1がOFFしてM2がONします。M2がONのときX3のONを待ちます。回路の先頭のDECO命令を使うとこのようなこともできるのです。この回路は少し難しいですし無理に使う必要はありません。

c)とd)ですが、これは通常の自己保持回路ですね?まず間違えているのはX0がONでM1がON。M1がONでM1がONというかんじで2回ONしません。X0かM1がONでM1がONです。さらにいうと(M1)とコイル命令を描いていますが、条件が成立すればONして保持します。しかし条件が成立しなければOFFします。他言語ではビットON命令とOFF命令を別に書く必要がありますが、ラダーはこのコイル命令でON/OFFできます。

最語に②ですが、これは勝手にこうなります。実はラダー図といっても裏ではニーモニックといってプログラムが1行ずつ書かれています。これをリレー回路のように表示させているだけなので、結局c)の形になってしまいます。d)の形にしたいのであれば真ん中にダミーの接点などを入れるとd)の形になります。動作的には全く同じです。
イメージは左側の条件が成立したら右側のコイルや命令がONされます。コイルや命令を1個しか描いていなければ1回のスキャンでは2回ONしません。

Re: 度々の質問です - 彷徨う

2018/07/03 (Tue) 06:50:45

度々のご回答ありがとうございます。
どうしても他の言語に引きずられるようです。

今回の回答で、多分、理解できたとおもいます。

自己保持は、書き方間違っていたかもしれません。
a)の処理と同じようになるかという質問でした。
ご返答から、そうするなら、X0→M1とM1→M1というのを別にして書く必要があるという認識になりました。
実際はないとは思いますが。

②に関しては、そういうつくりなのですね。
納得できました。

フリーソフトで確認してみます。
ソフトがすぐ落ちますが……

度々の質問に、丁寧なご回答ありがとうございました。
お手数をおかけして、申し訳ありませんでした。

質問 - 彷徨う

2018/06/26 (Tue) 19:44:29

勉強し始めで、年のせいか頭に入らず、四苦八苦しています。
超初心者の質問ですが、よろしくお願いします。
以下、質問です。

①「シーケンス制御と回路図の基本」(第1版第7刷)を購入し
 ました。

 書籍:P.139
  ステップ番号28
   1)M10のワーク検出保持
     →サイクル完了
   2)M10のワーク検出保持
     →ランプ点灯、サイクル完了
  ※上記の1)と2)の所で、両方のM10がb接点になっています。
 HP:http://plckouza.com/st2/st2_6.html
  ※掲載では、1)がb接点、2)がa接点になっていました。

 どちらが正解でしょうか。

②ステップ的に、ラダー図の流れを説明しているものはあるで
 しょうか。
 流れはなんとなくイメージできるのですが、しっくりきてま
 せん。

   X0        M2  
 ─┤ ├─┬─┤/├──(M1  )─
   M1    │
 ─┤ ├─┘

  上記は、X0とM1のどちらかがONになっていれば、M2へ流れる
  というイメージでよいのでしょうか。


   X2        M1  
 ─┤ ├─┬─┤ ├┬───(M2  )─
   M2   │      │      K5
 ─┤ ├─┘      ├───(T0  )─
               │ T0    K5
               └┤ ├(T2  )─

  上記は、T0のタイマーが入るが、タイマーが終わるまで待つので
  しょうか。
  それとも、T0のタイマーが入って、次のT2のタイマーの方になが
  れて、T0がONになっていないので、スルーして最後まで行った後、
  戻ってきてからチェックされるのでしょうか。

何も分かっていなくて、独学なので、引っかかり方がおかしいかもし
れませんが、よろしくお願いします。

疑問を伝えるのは難しいです。

Re: 質問 - 通りすがり

2018/06/26 (Tue) 21:10:21

初めまして、偶然このサイトに流れ着いたついでに回答いたします

まず①の質問ですが1)がb接、2)がa接が正解です。
これはX3のセンサーが物体を検出しましたよというのを知らせる為のランプ点灯です。
そしてその下にあるT2(サイクル完了)で全体の保持にリセットをかけています。
するとM10の自己保持もリセットされるので1)のb接が入りサイクル完了の信号が出る流れとなっています。

次に質問②ですが
最初の記述ではX0がONするとM1のコイル(M1 )が入りM1のa接で自ら(M1 )コイルをONさせます。なのでX0がOFFになってもM1がONしっぱなしになる回路です。このONしっぱなしのことを自己保持回路といいます。
この自己保持を解除するのにはM2のb接で切ってやらないと解除できません。

その次の記述に対してですが
基本タイマーは回路が切れない限りカウントアップ後はONしっぱなしになります。
ですのでT0のタイマーがカウントアップしたらT0のa接が入りっぱなしになります。
回路的には質問①のサイクル完了(T2)で全体にリセットかけているようです。

説明が下手なので伝わるかはわかりませんが・・・

Re: 質問 - take

2018/06/26 (Tue) 21:49:28

はじめまして。管理人です。
①についていは通りすがり様のおっしゃる通り書籍が間違えています。2)はa接点です。申し訳ありません。
http://plckouza.com/st100/st100_1.html

②についても通りすがり様のご説明の通りです。ありがとうございます。
イメージとしてX0とM1のどちらかがONになっていれば、M2へ流れるという感じではなく、最初はM2を無視してX0がONすればM1がONし、そのM1の接点でM1のコイルをONさせます。自分の接点で自分をONさせるので自己保持とよびます。
最後のタイマーの回路ですが、書籍のP136の回路図を見られていると思いますが、これはP137の回路図とセットで考えてください。
シリンダーが前進完了して0.5秒後にT0がONします。P137の回路図ではT0がONするとM10がONできる条件が整います。
そしてT0がONして0.5秒後にT1がONします。P137の回路ではX3の右側にT1のb接点があると思います。
つまりT0がONしてT1がONするまでの0.5秒間だけX3の信号を受け付けることができる回路になっています。この0.5秒間の間にX3の信号を受け付けるとM10はONして自己保持状態になります。しかしそれ以外のタイミングでX3がONしてもM10は動作しません。

言葉だけで説明すると分かりにくいかもしれませんが。

通りすがり様、適切なご説明ありがとうございます。

Re: 質問 - 彷徨う

2018/06/26 (Tue) 22:54:32

初めまして、ありがとうございます。
通りすがり 様、take 様

①のご回答ありがとうございます。
違和感があったので、納得できました。

②のご回答ありがとうございます。
疑問を言葉に表して、説明するのは難しいです。

多分、引っかかっている点の説明がうまく行ってない気がします。
申しわけありません。

動く順番を考えると、1番にX0、2番にM1、3番にM2に流れると思うのですが、そこで、M1がONでないのに、何故、M2へ行くのかが疑問になったのです。
M1がONでなくても、X0が成立していれば、M1に関係なくM2へ流れるという事でしょうか。

タイマーについては、なんとなく理解できました。
仰られる通り、P.136とP.137を見て疑問に思いました。

処理がT0のタイマーが終わるまでその場でとどまるか、処理は止まらず、ENDまでながれ、また最初から流れていくのか、疑問だったのです。
ご説明を見ると、処理が止まることなく、次の処理へ進む認識でよろしいでしょうか。

※処理の流れは最初からENDまで行き、また最初に戻りぐるぐる回っている認識です。


お二方のお時間を取らせて申し訳ございません。
何分、初めてという事で、お許しを頂ければと思います。

心より感謝いたします。


丁寧なご説明ありがとうございます。
お二方の説明は分りやすかったです。

信号機プログラム FX2勉強中

2018/06/01 (Fri) 16:23:50

平成3年6月作成の三菱マイクロシーケンサー、ハンディーマニュアルのP56,57にステート関連で信号機の動かし方があります。模型を作り実際に動かしてみたく、GX Works2でプログラムしたのですが、デバッグすると二重コイルがあるがあるのでダメの表示が出て動きません。この説明図は一部のみ抜粋しているのでしょうか。どのようにプログラムするとよいのか教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Re: 信号機プログラム - 通りすがり

2018/06/26 (Tue) 21:56:57

まずは重複したコイルを探す事から入ります。
Y0 車道赤
Y1 車道黄
Y2 車道青

Y3 歩道赤
Y4 歩道青
T0~6

プログラム内で( )のコイルの記述を確認して同じのがないか確認してみてください。
基本コイルが重複するとそれぞれのコイルがON-OFFをする為意図しない動きになる可能性があります。

ハード回路の画像を添付いたしますので参考に頑張ってください
ソフトで組む場合はRのリレー部分をMのコイルにし、Lの部分がランプですのでYで作成してみてください

メニューが表示されない場合 - take

2018/04/10 (Tue) 15:38:52

管理人です。サイト内の文字コードを一括変更したため、メニューが表示されない場合があります。もし表示されない場合はお手数ですがブラウザのキャッシュをクリアしてください。

FIFO - Qユニバーサル

2018/02/15 (Thu) 07:55:31

FIFO命令を使わないでやる方法を
教えて下さい。

Re: FIFO - 圓空 URL

2018/02/18 (Sun) 18:04:25

Q様

ポインターを使うと出来るかな??
そのポインターでデバイスをインデックス修飾しましょう。

書込みポインターだけ使って、データシフトするもよし。
読出しポインターも使って、そのアドレスから直に読み出すもよし。


http://yenqoo.com/spices/basic/ringbuff/ringbuff.html
を参考にしてみて下さい。

Home Page は
http://yenqoo.com/spices/

です。他も何かの役に立つかな。。。

技能検定 シーケンス制御作業 - GA

2017/12/17 (Sun) 16:27:43

シーケンス制御作業に特化した書籍はまだどの出版社からもでてないのですが、管理人様は執筆予定はないでしょうか?

Re: 技能検定 シーケンス制御作業 - take

2017/12/21 (Thu) 08:52:46

管理人です。トップページでも紹介していますが、
「図解入門よくわかる最新シーケンス制御と回路図の基本」がお勧めです。
内容は難しいことまでは書いていません。著者がこんなことを言うのも変ですが、一定のところまで理解すると使用機器メーカーのマニュアルを見たほうが早いです。マニュアルのほうが、その機器に対して使い方や機能が専用に詳細まで乗っているからです。ただしマニュアルを読むことはある程度のレベルが必要となるかもしれません。(結構難しく書いていることが多い)
※よかったら私の本も読んでみてください。

Re: 技能検定 シーケンス制御作業 - GA

2017/12/29 (Fri) 09:09:32

ありがとうございます。早速注文しました。基本からしっかり勉強しなおします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.